葉酸の副作用について

 

 

葉酸といえば、妊娠したときには欠かすことができないものです。
一日に摂取するといいと言われている量などがあるので、その量を満たすためにも、葉酸サプリメントを飲んでいるという人が多いです。
ですが、気になるのは副作用です。
では、葉酸には副作用があるのかについて、説明していきます。

 

各社サプリの成分や安全性を比較した表はこちらから↓

 

葉酸は、一日400マイクログラム摂取するといいと言われているのですが、過剰に摂取すると副作用が出てきてしまうことがある、と述べているwebサイトがあります。
根拠や論文の出自が示されているサイトはほとんどありませんが、副作用とされている症状は以下。

 

不眠

今までは普通に眠ることができていたのに、なかなか寝ることができないという場合には、葉酸を取りすぎてしまっているのかもしれません。

 

食欲不振や吐き気など

食事をあまり取りたいと思わないようになってしまったり、吐き気を感じてしまうようなことがあれば、葉酸を摂取しすぎてしまっているのかもしれません。

 

葉酸の副作用についての厚生労働省の発表

 

ですが、厚生労働省の発表によれば
「不足すると貧血が生じることがあるが過剰な場合に発症する疾患は特に知られていない」とされています。

 

参考:厚生労働省ホームページより
神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

 

また、「体内の蓄積性は低く、毎日摂取することが必要である」ともされているので、葉酸を毎日摂取することはたしかに大切。
しかし妊娠中は「ビタミンB12欠乏の診断を困難にする」という理由から「葉酸摂取量は1日当たり1mgを越えるべきではない」とあります。

 

つまり、普段はあまり神経質にならなくてもいいけれど、妊娠中は1mg以上の過剰摂取に注意、ということ。
葉酸サプリメントを摂取するときには、用量を守ることが大事で、バランスのとれた食事も合わせて取るようにしましょう。

 

葉酸は水溶性ビタミン。
脂溶性のビタミンA、E、Dなどと違いほとんどの場合は尿として排出することが出来るので、よほど過剰に摂取しない限り体に害を及ぼすようなことがありません。

 

妊娠中、授乳中の詳しい摂取量に関する記述はこちらにも。

葉酸サプリメントはいつまで飲む?子どもが喘息になるリスク