ファンケルの葉酸サプリ、副作用ある?

水溶性ビタミンB群の一種でタンパク質や核酸の合成に不可欠な葉酸は、妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素です。不足すると無脳症や二分脊椎などの神経管閉鎖障害が起きるリスクが高まるため、厚生労働省では妊婦さんあるいは妊娠を考えている女性に対し1日400μgの葉酸を摂るよう呼びかけています。
食品から摂りきれない分はサプリメントから摂るとよいのですが、葉酸サプリも多くのメーカーから販売されており選ぶのに迷ってしまいます。葉酸サプリを選ぶ際のポイントの一つは「副作用がないこと」です。サプリメントで人気のファンケルでは、「葉酸サプリ」という単独のものは販売していないので、葉酸の含まれたものを選ぶことになります。
ファンケルの製品で葉酸を含んでいるのは「マルチビタミン」「鉄&植物性ツイントース」「ビタミンB群ロングタイム製法」などがあり、このうち1日の摂取目標である400μgを配合しているのは「ビタミンB群ロングタイム製法」で、あとの2品は200μgとなっています。葉酸は水溶性なので摂りすぎても尿と一緒に排出されますから、基本的に副作用の心配はないのですが、一度に過剰摂取すると吐き気や食欲不振などの症状が出ることもあるので気をつけましょう。